パスをミスしないのでには、まず、ボールの手前側を指を開いて持つようにしてください。 そして、パスをする方向に向かって親指を突き出すような感じで投げて、腕を最後まで伸ばしきるようにします。 手首(転んだ時にとっさに地面につくことが多いですね)のスナップを使用してボール(自分専用のものを持つことで、練習に対するモチベーションも上がるでしょう)に逆回転をかけて押し出せれば、飛距離が伸び、スピードも増すでしょう。 それに、チェストパスだけでなく、ワンハンドプッシュパスやバウンドパスなど、色々な方法でパスできるようにすると、ミスしづらくなります。 また、相手の死角を狙ってパスを出すのも、ミスしにくくなるのでお勧めです。 顔の横、脇の下、足元を狙って、すねやくパスを出すと、パスが通りやすいはずです。 それから、パスするとみせかけてタイミングをずらしてフェイントをかけたり、パスするとみせかけたのとは違う方向に投げたりといった方法もあります。 さらに、パスするのとは違う方向を見ながらのノールックパスや予備動作なしのノーモーションパスもぜひマスターしておきたいパステクニックですー